竜ヶ岳/りゅうがたけ

鈴鹿山脈の山々は去年に羽鳥峰に行って以来、また一度行ってみたいと思っていました。
今回は鈴鹿7マウンテンズの一つ竜ヶ岳(1099m)。
竜ヶ岳は荒々しいキレットや岩場の多い鈴鹿の山にあって、どちらかというと山頂直下の笹原を
気持ちよく歩ける女性的なイメージの山です。

4/13(土) 新6年生となった下の子と二人でのんびり歩いてきたのですが、
登っている途中で一気にテンションの下がる出来事が...。

c0231176_23594490.jpg
竜ヶ岳山頂から




c0231176_022299.jpg
宇賀渓観光案内所の駐車場に車を止めて(500円)、登山届けを提出します。
今回は行きは金山尾根、帰りは遠足尾根を通る計画です。
10:20 案内所の親切なおじさんにあれやこれやと説明を受け出発。
(写真は帰り)

30分ほど歩くと吊り橋に差し掛かりました。鈴鹿特有の花崗岩質の白い河原と澄んだ水。
とてもきれいでした。

吊り橋と鉄橋を一度づつ渡ると金山尾根のとりつきになります。
マサ化した脆い花崗岩は滑りやすく、傾斜もきつい。
何度か休憩をしながらゆっくり歩きました。

今回の登山は石拾いの調査も兼ねています。
時々登山道を離れきれいな石はないか調べながら歩きました。
とはいっても殆ど登山道に沿って歩いているので、きれいな石が簡単に見つかるわけは
ありません。
落ちているのは白い石英の塊ばかりです。

石探しは早々にあきらめて山頂を目指すことにしました。
が、いつの間にかカメラがなくなっていました...。
いつもはザックのベルト部分に付けている小物入れの中にいれているのですが、空っぽ。
確かに吊り橋の写真は撮った、でもそこから休憩したり石探したりで、どこで落としたのか
わかりません。
高いカメラではありませんが、いつも山歩きには持って行ってとても重宝していたのに。うーん。
なんとなく気分もどよーんと落ち込みます。次第にすっかり口数も少なくなってしまいました。

「今までのデータは家のPCに残っているんだし、これから父ちゃんが必要なときは自分のカメラ
貸してあげるから。それにしても浮かれたり落ち込んだり、わかりやすい性格やな〜」
と娘にまで慰められる始末。

まだまだ子供なのにいっちょまえの口をきくようになって、少しずつ成長していると思うと
カメラをなくしたのは残念だけど、まあ仕方ないかと思えてきました。


c0231176_1240100.jpg
気がつけば竜ヶ岳が近くなってきました。
(ここからスマホのカメラを使いました)


c0231176_145825.jpg
登山道の途中。道はほぼ一本道で迷うことはないのですけど、尾根の広いところに出ると
薄くなり、赤テープを頼りに登ります。


c0231176_184975.jpg
遠足尾根との分岐。帰りは遠足尾根を通って帰る予定でしたが、
金山尾根のピストンにしました。


c0231176_1141313.jpg
竜ヶ岳も間近にせまり、もう一息です。


c0231176_1153188.jpg
13:30 頂上です。だだっぴろい山頂には何人かの人がいました。


c0231176_1184787.jpg
周りは何一つ遮るものがない大展望。
この季節どうしても遠くは霞んで見えますが、暑くもなく寒くもなく、とても気持ちいい。

遅めの昼食を二人で食べ、1時間後誰もいなくなった山頂をあとに、二人でもと来た道をゆっくり帰りました。
一応案内所にも紛失したことを言いましたが、届いてはいないとのこと。
もし後日にでもどなたかが届けてもらうのなら、案内所の方から連絡してもらえるようにしました。
[PR]
by fukuzo39 | 2013-04-14 01:00 | 山行
<< 2013 GW キャンプ ガーネット >>