御嶽山 摩利支天山 その2/おんたけさん まりしてんさん

その1の続き

9/23(日) 御嶽山へいって来ました。





c0231176_920241.jpg
濁河口からの御嶽登山はこの嶽橋を渡るところから始まります。
橋を渡ると御嶽神社里宮があり、安全を祈願します。


c0231176_9233240.jpg
しばらくで仙人滝への分岐。道はところどころ木が敷いてありました。
木の階段っというよりも木の坂。これがいい具合にヤレていて思ったほど滑りませんでした。


c0231176_9272785.jpg
左に仙人滝を見て、しばらく進むと吊り橋です。


c0231176_9293995.jpg
一瞬、9合目?かと思いましたが、
この看板は登山口から飛騨頂上までの4.2kmに100mごとについていました。
登山口から900m付近です。


c0231176_9371871.jpg
アシカがいたり。


c0231176_9383379.jpg
ジョーズがいたり。


c0231176_939556.jpg
カエルがいたり。


c0231176_942234.jpg
7:23 のぞき岩避難小屋。
ここの避難小屋は雨露を凌ぐくらいはできそうですが、いまにも崩れそうでした。
ちょっと休憩。以外なことにここまで誰にも会わず。


c0231176_954055.jpg
7:55 8合目付近のお助け水です。
でも水はないので助けてくれません。
このあたりから下りる人とすれ違うようになりました。


c0231176_9561220.jpg
8:12 登山口から3.2km。頂上まではあと1kmです。
ここから森林限界にはいります。


c0231176_9595386.jpg
上を見ると山の稜線がくっきり。
最悪ガスでなにも見えないんじゃないかと思ってましたが、大丈夫そうです。


c0231176_1021689.jpg
森林限界から右に摩利支天を見ながら登って行きます。


c0231176_1065665.jpg
コマクサの群生地を過ぎるともうすぐです。


c0231176_108312.jpg
8:55 飛騨頂上。ここには神社の祠があります。
すぐぞばの五の池小屋で休憩します。


c0231176_1011796.jpg
五の池小屋は御嶽山の他の小屋とは違ってアルペンスタイルの営業小屋です。
中はさすがに人が多く、雨が上がるのを待っている方が大勢いました。

雨は強くはありませんが、あいかわらずしとしとと降っています。
関西から来たツアーの方や名古屋からきたご夫婦と話したり。
今後の予定を考えます。

1時間ほど小屋にいるとなんとなく明るくなってきた感じがしました。
小屋の方とも話させてもらいましたが、雨はあがりそうです。
そういえば夕方からは晴れの予報でした。
10:15 剣ヶ峰はあきらめて 摩利支天山に向かうことにします。


c0231176_2221960.jpg
継子岳をバックに五の池小屋。
雨はまだあがってませんが、小やみになってきました。


c0231176_2232277.jpg
摩利支天乗越をすぎて、山の南側から登って行きます。
南側では雨は山に遮られて殆ど気にならなくなりました。


c0231176_22364761.jpg
10:55 摩利支天(2959m)山頂です。山頂に着いた途端、ものすごい風。
山頂に立って周りの景色をゆっくり眺めるはずが、とてもそんな余裕はありません。
雨と風で一気に寒くなり、2〜3分で下りました。


c0231176_22471645.jpg
一応、今回の目標は果たしたのであとはゆっくり歩きます。
賽の河原をはさんで剣ヶ峰。このあと賽の河原の端にある白竜避難小屋へ向かいます。


c0231176_22521446.jpg
11:20 白竜避難小屋前。
さすがに信仰の山です。この辺りには石像や祠がたくさんありました。


c0231176_2344956.jpg
避難小屋で食事休憩後、ここから三の池避難小屋を経て
三の池の周りを反時計回りにまわり、五の池小屋に戻ります。


c0231176_2391128.jpg
12:00 三の池のほとり。


c0231176_23192987.jpg
雲に覆われてはっきりしませんが、方角的に八ヶ岳だと思います。
来年くらいにはあの山へ。


c0231176_23215642.jpg
12.24 五の池小屋に戻ってきました。
この時間になると小屋にはスタッフの人だけで、とても静かでした。
チャイを頂いた後、濁河まで来た道を戻ります。


c0231176_23261564.jpg
コマクサ。
まさかまだ見れるとは思ってませんでした。
ほとんどはもう枯れてしまっています。


c0231176_23281676.jpg
ミヤマリンドウ。
紫の花がかわいい。


15:00 濁河温泉登山口に到着。
市営の露天風呂にゆっくりつかりました。
山のバッジは今回留守番の娘からの指令で買いませんでした。行く気なのか?


登山口までのアプローチは長いけども登ってしまうと3時間ほどで登れてしまいます。
前泊や日帰りでも十分楽しめますが、小屋に泊まってゆっくりするのもいいかなとおもいました。
[PR]
by fukuzo39 | 2012-09-27 23:40 | 山行
<< 荒島岳/あらしまだけ 御嶽山 摩利支天山 その1/お... >>