白草山/しらくさやま

11/10(土)。午前中に東濃の白川町に行く用事がありました。
用事を済ませ、そこから車で約一時間、少し足を伸ばして下呂市の白草山(1641m)に行ってきました。
白草山は 山頂直下から気持ちのいい笹原が生い茂る登山道、そして御嶽の展望台として人気のある山です。


c0231176_2202519.jpg
白草山から箱岩山を望む






c0231176_23411491.jpg
旧加子母村からR257で下呂市乗政の登山口まで来ました。
所々路肩の広いところがあり、そこに十数台駐車できます。
僕が来た頃には既に満車でしたが、丁度入れ違いで出て行く車がありました。


c0231176_23475584.jpg
駐車スペースからすぐ案内板がありました。
左に行くと寺田小屋山、右が白草山に続く林道です。
11:50 ここから登り始めます。


c0231176_23504943.jpg
林道は十分な車が入れる幅はありますが、ここからはダート。車止めもあります。


c0231176_23532739.jpg
東濃は檜の有名な産地。
林道沿いにも檜は多いですが、それでも広葉樹の森も数多くあります。
山はすっかり紅葉の季節になりました。


c0231176_00526.jpg
12:15 林道歩きも終わりここからが本格的な登山道。
はじめは沢伝いに登っていきます。


c0231176_025554.jpg
登山道の様子。右側が切れています。


c0231176_065885.jpg
しばらくいくと尾根らしき道に変わり、高森山がはっきりと見えてきました。
めざす白草山はみえません。


c0231176_0103968.jpg
今日はスタートも遅かったせいか飛ばし気味。
独り黙々と高度を上げていきます。
いつも間にか周りには笹が目立つようになってきました。


c0231176_0121350.jpg
ようやく右手の方に白草山が見えてきました。


c0231176_016848.jpg
箱岩山との分岐です。
左に行けば箱岩山。右が白草山。
両山とも10分ほど。ここまでくればもうすぐです。


c0231176_0185470.jpg
ここからは眺めのいい道をゆっくり歩いていきました。
ここまで来た時点で下山していく人が多く、多分山頂には余り人もいないはずです。


c0231176_056959.jpg
13:20 山頂到着です。
車止めからはジャスト1時間半でした。
頂上には僕を含め4人だけでした。
早速地図とコンパスを持って山座同定。


c0231176_113820.jpg
なんといっても笹原を歩いている時から目についていた御嶽。
展望台と言われるだけのことはあってここからの眺めは一級品です。
1ヶ月半前にここに登ったのかと思うとより親しみがわいてきます。
山頂部はもう雪をかぶっていていました。


c0231176_172672.jpg
東に目をやると鞍掛峠から三国山。
昔で言う信濃、飛騨、美濃の境目の山です。
右には小秀山。ここも素晴らしい山だと聞きます。


c0231176_1152240.jpg
さらに少し右。前山から唐塩山あたり。
この後ろには奥三界岳、三界山があるはずです。
右奥に恵那山。


c0231176_1265591.jpg
南西には東濃の山々を経て、濃尾平野。
うっすらと伊勢湾が見えました。


c0231176_1315495.jpg
さらに西。美濃の山が一望できます。
でも余りにも多過ぎてどれがどれやら...。


c0231176_1371685.jpg
北西には白山なのですが、ここだけは雲に隠れて見えませんでした。
おそらく山頂は真っ白かと。


c0231176_139336.jpg
山座同定に夢中になり、このあとラーメンをすすっていると
いつの間にか誰もいなくなってました。人気のお山を独り占めです。
もう最高。ゆっくり湯を沸かしコーヒーを作ります。
はじめは隣の箱岩山もと思ってましたがここでもう十分満足。
次の楽しみにとっておくことにします。
少し風はきついけどもいつまでもここにいたい気分でした。


c0231176_1545221.jpg
14:25 来た道をゆっくり戻ります。
ここは森林限界地ではなく元々は檜の森だったそうです。
伐採が進み笹が広がっていったと聞きました。
あちこちに立ち枯れた檜がありました。


c0231176_1595295.jpg
林道の途中から見た紅葉の山。
15:43 無事、車止めにつきました。

今回の白草山。思っていた以上にその眺望は素晴らしかった。
僕の頭の中では、初夏のさわやかな風を浴びながらてくてく歩くイメージを勝手に思い描いていたのですが、
この季節に来て本当によかったと思います。
そして周りのお山を眺めるとどれもが身近に感じられて、あれもこれもと登ってみたくなります。
とても県外の山に登ってる余裕がない...、
[PR]
by fukuzo39 | 2012-11-12 01:30 | 山行
<< 芋掘り 羽鳥峰・白滝谷/はとみね・しら... >>